お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • FAQに「代行料の具体例2本」が追加掲載されました!

FAQに「代行料の具体例2本」が追加掲載されました!

 年商別や代行業務の種類に応じた経理代行料の具体的事例を知りたいというご要望があり、今回サービス業の会社様のご依頼内容と代行業務別の代行料について掲載しました【下記タイトルをクリックして、ご覧ください】。

 ◆ 経理代行料の具体例(サービス業の記帳代行と電子取引データ保存代行:年商1億5千万円)

 ◆ 経理代行料の具体例(サービス業の請求代行:年商2億円)


 本来代行料は、お客さまの委託業務内容、業務の複雑さ(記帳代行:部門別、補助コードでの管理など)などにより個別に検討する要素が多く、代行料も単純に年商や代行業務の種類だけで見積もる形とならずに、業務内容を拝聴し、具体的な書類を拝見したうえで、『お見積もりの提示』がTOKYO経理サポートのご案内方法です。

 代行会社によっては、記帳代行なら現状の概算仕訳数、給与代行では社員数だけで、代行料を提示するところもあるようですが、TOKYO経理サポートでは業務の見直しによるメリット部分をお客さまと分かち合う考え方と、お客さまの状況に応じた適切な見積りをご案内して、信頼関係を構築することをミッションとしています。

 会社の大切なバックオフィス部分を他社に任せるなんてとお考えの経営者の方もまだまだたくさんお出でです。でも、「中小企業に経理はいらない!」がTOKYO経理サポートの考えです。当社のSmart経理代行の活用で、貴重な人財を会社の収益を生み出す分野に集中投下して、社長も間接業務に時間をとられぬようにし、業績を上げていかれてはいかがでしょうか。

一覧ページへ戻る

CONTACT

お問い合わせ&資料請求

初めてのご相談は無料です。
お困りでも・困っていなくとも、気軽にお問い合わせを!
お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせは
こちらから
24時間受付中
お問い合わせは
こちらから
お電話でのお問い合わせ
無料でお電話いただけます。
0800-500-3939
受付時間平日9:00〜17:30

お問い合わせの際は、ホームページをご覧になったことをお伝えいただけるとスムーズです

無料リモート相談予約